2008年1月25日金曜日

付属高校生に対する入学前指導

更新が滞ってしまいました。1月より商学部の運営委員会が新しくなりました。引き続きご支援いただきますようよろしくお願いいたします。新しい体制は、学部長:大窪光、第一部商学科長:吉村純一、経営学科長:船木高司、ホスピタリティ・マネジメント学科長:林裕、第二部商学科長:城戸善和です。

今年最初のニュースは、付属高校からの入学者に対する事前指導についてです。1月22日14号館において、平成20年度の付属高校からの入学予定者(特別推薦および特待生)を対象とする事前指導が実施されました。付属高校から商学部に特別推薦および特待生で入学する予定の生徒は、15名です。大窪学部長から事前指導の意義について説明があった後、各学科ごとに学科の特色などについて説明を行い、入学の準備として大学における時間割の組み立て方などを実践的に経験してもらいました。なお、今回対象の生徒諸君に対しては、各学科ごとに課題図書が推薦され入学までに読むように指導されています。各学科ごとの課題図書は以下の通りです。

商学科:石井淳蔵『ブランド〜価値の創造』岩波新書、1999年;藤沢晃治『理解する技術〜情報の本質が分かる』PHP新書、2005年

経営学科:アーサー・ケストラー『サンバガエルの謎:獲得形質は遺伝するか』岩波現代文庫;寺田寅彦『寺田寅彦随筆集(第2巻)』岩波文庫、1964年

ホスピタリティ・マネジメント学科:ホスピタリティ・マネジメント学科編『ホスピタリティの時代』熊本学園大学、2005年;林田正光『ホスピタリティの教科書』あさ出版、2006年