2008年8月7日木曜日

キャリア教育を考える夏

来年度のカリキュラム改編へ向けて、商学部ではさまざまな取り組みをしています。その一つの目玉になりそうなのが、キャリア教育のさらなる充実です。

いうまでもなく、学園大商学部は、有能な人材を地域そして全国へと輩出してきました。また、実学の学部としての特質から常に時代と向き合い、職業人の育成につとめてきました。それが「就職最短距離」の学部の実績を支えています。

来年度からのカリキュラム改編へ向けて多くの取り組みをしています。その一貫として、1日には、キャリア教育の研究会を開催しました。講師には、キャリア教育の世界において活発な活動で知られる久留米大学の安永悟先生をお招きしました。
P1000481.jpg
��安永悟先生をお招きしてキャリア教育研究会=商学部カリキュラム委員会)

この他にも、各種研究会(西南学院大学、京都大学、九州大学など)に教員が出席し情報収集を行っています。また、独自に対企業向け(300社)の「人材育成アンケート」を実施し、その結果を集計中です。
P1000484.jpg
��大学生研究フォーラム2008=京都大学)

キャリアを考える夏になりそうです。成果が出たら、ここでお知らせしていきた
いと思います。