2009年12月22日火曜日

日本学生経済ゼミナール大会開催される(関大編)

早いもので今年ももう少しで終わろうとしています。昨年の日本経済ゼミナール大会の模様を紹介して1年が経過しました。
train.JPG


��熊本駅を出発直後でしょうか、午前6時過ぎです>

さて、今年の日本経済ゼミナール大会は、今月19日と20日の2日間、関西大学で開催されました。参加したゼミの学生から写真が送られてきましたので、紹介してみます。私のゼミの学生は2手に分かれて、吉村ゼミAと吉村ゼミBとしてマーケティング部門の2セクションにエントリーしました。Aグループは商店街再生をテーマに、Bグループは薬事法改正下におけるコンビニエンスストアとドラッグストアの競争戦略をテーマに討論を行いました。奇遇にも両グループともに討論の相手は、愛媛大学(ゼミは別のゼミ)だったようです。

train.JPG
��かに道楽?一体何をしに>

開催のスケジュールを簡単に紹介しましょう。5月にテーマ設定会議を開催校で開き、一緒に議論する相手もその場で見つけます。それから、各ゼミで論文を作成し交換します。お互いに論文に対する「質問書」を交換し、それに対する「回答書」も交換します。ここまでが大会当日までに済まされています。かつては手書きした文書のコピーを郵送して交換していましたが、いまやすべてメールの添付ファイルで交換しています。本番当日は、論文や質問書と回答書の交換から浮き上がってくる論点を中心に議論が展開されます。議論する力がないとついていけません。

desk.JPG
��休憩中かな・・・>

面白いことに、この大会のタイミングは、就活のスタート地点と重なっています。この大会の議論で相手に押されているようでは、就活を勝ち抜くことなどできません。さて、ゼミ生諸君、自信をつけることができたかな?今後の就職活動に期待しています。

bothschool.JPG
��最後は両大学揃って記念撮影ですね。助言講師の先生も写っておられます。お世話になりました。>

さて、私にとってはこれが商学科長として最後の「商学部NEWS」投稿となります。2年間大変お世話になりました。この2年間は商学科のすばらしさを再認識する絶好の機会になりました。「人気と伝統には根拠があります。」今年作成した商学科のパンフレットに書かれたコピーです。いつもご覧いただいている皆様、引き続き商学科をよろしくお願いいたします。