2010年12月10日金曜日

第54回全九州商経ゼミナール大会が行われました

  第54回全九州商経ゼミナール大会(通称インナー大会)が、11月27日(土)、28日(日)の2日間、長崎大学・片淵キャンパスで開催されました。

 本学からは経済学研究会、マーケティング研究会2サークル、そして商学部の勝部ゼミが経営学部門に参加しました。

 テーマは「会社とは誰のものか」で、長崎大学の内田ゼミAと2日間にわたって熱心に討論を行いました。勝部ゼミには韓国の大田大学校からの交換留学生、朴恵隣(パク・ヘリン)さんと閔孝善(ミン・ヒョソン)さんの2名も加わっており、日本語での討論に果敢に挑戦しました。

 論文は勿論、ゼミ生全員で夏から準備して書いたものです。不十分な箇所は修正して、12月の東京でのインター大会に備えるとのこと。 

  活躍を期待しましょうね。

討論会終了後のゼミ記念撮影IMG_1571.JPG