2011年6月30日木曜日

真夏のクリスマスキャンドル

2011062911210000(x).jpg 毎日、暑いです。


そこで、クリスマスの定番のキャンドルをともして、真夏のクリスマスを味わったらどうなるか??


そんなお楽しみです。


ホスピ学科1年生セミナー、クリスマス企画班では、クリスマスキャンドル作りにチャレンジしました!!。


*もちろん、どのような小さなスパークにも対処できるように、安心・安全な万全の対策をしています。念のため。


 


 さて、大変だったのは、火をつかう為に暑かったこと、そしてロウを溶かすときに、ロウが手に飛んで来たのがキツかったことでした


 


 以下はキャンドル作りに関して


用意するもの


空のレトルトパック


・ろうそく


・割り箸・なべ・カップ


・クレヨン(色つけるもの)


・なべつかみ


作り方


 


ろうそくを折ってパックに入れる。なべに湯を入れて、ろうそくを溶かす。


ろうが溶けたら、芯を別にしておく。


ろうに色をつけたい時は、クレヨンを細かく削って入れる。


レトルトパックの上の方を持って、カップ等の型に流しこむ。


ろうが固くなる前に、べつにしておいた芯をさしこむ。ろうが固まったら完成。


このような感じです!


 


  ろうそくの灯りって、すこしはかなげな雰囲気がステキですね。


キャンドルをともして、絵本やミステリを読むのも、熱帯夜の過ごし方かもしれません。

110629_112200 (3).jpg